kodomoto.

さっぽろ羊ヶ丘展望台スノーパーク2018が予想以上に楽しかった!

calendar

reload

さっぽろ羊ヶ丘展望台スノーパーク2018が予想以上に楽しかった!

羊ヶ丘展望台では、冬になるとチューブ滑りや雪だるま作りなどの雪遊びが楽しめるスノーパークが毎年開催されます。
今シーズンは1月5日よりオープンしたので早速いってきましたよ~!

スポンサーリンク

羊ヶ丘展望台スノーパーク概要

【場所】
札幌市豊平区羊ヶ丘1番地

【開催期間】
平成30年1月5日(金)~3月11日(日)

【開催時間】
10:00~16:00(最終受付15:45まで)

【料金】
大人 520円
小人 300円
未就学児童 無料
年間パスポート 1000円

スノーパークのアクティビティ

アクティビティの内容は

  1. 歩くスキー
  2. チューブそり滑り
  3. ミニ雪だるま作り
  4. 新雪ダイブ
  5. かまくら
  6. スノーストライダー

公式HPにはこの6つと紹介されていましたが、
実際に行ってみると子ども用のそり滑りコースもありました。

子ども用そりすべり

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column] [/wc_row]

はじめに目についたのがこのコースで、チューブそりではなく
子ども用のヒップそりが用意されていたので、

あれ?チューブそりじゃないの??

と拍子抜けしながらも、息子が楽しそうに滑っているのでまあいいかと思っていましたが、

実際にはチューブそりコースは
レストランやお土産屋さんの建物のうらにありました。

帰り際に係の方が「チューブ滑りはしました?」とたまたま声をかけてくれたので気付けました(汗)

危うく一番の目的を果たさずに帰るところでした・・・。

チューブそり滑り


あったあったありました!チューブ~!


コースは2つでオレンジのネットの奥がストライダーのコーナーです。

見た感じ、そこまで激しいスピードは出ないのかな~子ども向けってとこかな〜という印象でしたが、


ナメてました。
息子と娘と3人で乗ったせいか、重さでものすごいスピードでした。
最後まで止まりきれず、写真の奥に見える雪山に激突してようやく止まるという状態。


ちなみにチューブは、1人乗り用と2人乗り用があります。
写真は1人乗り用。


こちらがスノーストライダー。
ヘルメットも用意させれていました。

チューブソリは想像以上に楽しめました!

雪遊びに消極的な我が子たちでもここならまた来たい!と喜んでくれたので
次回は年間パスポート1000円を購入します!初めから買っておけばよかったなー。

足湯コーナー


ちょっと足先が冷えてきたな〜と思ったら、足湯で温まることができます。


ありがたいことに、タオルの自動販売機があり100円で購入することができます。


お湯加減もちょ〜〜どよく、
本当にほっとしました〜〜〜〜。ずっと入っていたかった!!


身長100㎝の息子は足首まで浸かれます。

スポンサーリンク

雪だるま作り体験


ずらーっと並ぶミニ雪だるま。
みんな上手に形作るな~って思って見ていたら、

[wc_row] [wc_column size=”one-half” position=”first”]

[/wc_column] [wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column] [/wc_row] ちゃんと型や顔のパーツが用意されていました!
この型に雪を詰めれば綺麗な丸い雪だるまが作れるんですね!

歩くスキー


本当は息子だけの予定でしたが、
コース内はスキーを装着していないと入れないということで、


レンタルしました。もちろん無料です。

ブーツはスキーブーツのように固くなく、スニーカーに近い感じ。


こんな風にかかとが浮くようになっています。


お子さまは、レンタルで用意されているブーツのサイズが19cmからなので、
満たない子はこんな感じのミニスキー。


これが息子人生初のスキー体験。
見知らぬ優しいおじさまに励ましてもらいながらも
「手冷たいからもうやめる・・・。」と5分で終了。

私も抱っこひもに娘を入れながらだったので思うように進まず、
3歩で終了・・・。

次回はもっとしっかりチャレンジしてみます!

かまくら


息子はこういう狭い空間が大好物なので、
喜んで出入りしていました。


中に入った途端に激しく転びました。転んだついでに中から撮影。
右腕の謎の筋肉痛はこれが原因だったと今思い出しました・・・。

本当に痛かったです。

新雪ダイブに関しては、
残念ながら雪不足でダイブしている人はいませんでした。
新雪ダイブはどこででもできますしね・・・。

キッズルーム

羊ケ丘レストハウス3Fにはキッズルームがありました。

ボールプールやレゴなどのブロック、大きな黒板でお絵かきもできるようで、時間があれば遊ばせてあげたかったです。

スノーパークに行ってみた感想

意外とっていったら失礼ですが、本当に意外と楽しかったです!
壮大な景色とクラーク博士像がウリなのかな?と勝手にイメージしていたので、ここまで子ども達に喜んでもらえるとはで正直思っていませんでした・・・。

午前中は外で思いっきりチューブ滑って、
ランチの後はキッズルームでまったり遊ぶ。

これなら一日中いれるじゃないか!と新たな入り浸りスポットになりそうな予感です。

入場料は520円で、年間パスポートは1000円なので、2回以上行くなら年間パスポートの購入をおすすめします!この時期に買っておけば、夏のラベンダーの時期にも見に来れますよ♫

スノーパークは3月11日まで開催していますので、是非足を運んでみてくださいね~!

>>さっぽろ羊ケ丘展望台の詳しい情報はこちらから

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。