kodomoto.

夏休みの工作は簡単に作れる牛乳パックの輪投げで決まり!!

calendar

reload

夏休みの工作は簡単に作れる牛乳パックの輪投げで決まり!!

夏休みの工作、何を作ったらいいか迷いますよね!

できればお金をかけずに身近なもので、なおかつ簡単に工作できたらいいですよね!

今回はエコリサイクルの代表とも言える牛乳パックで簡単に作れる「輪投げ」をご紹介します☆

スポンサーリンク

夏休みの工作は簡単に♪牛乳パックで作る輪投げ☆

材料は自宅にあるものや、簡単に手に入るものばかりでお金もかかりませんよ〜♪

用意するもの

  • 牛乳パック2〜3個
  • 段ボールor厚紙
  • セロテープ
  • のり
  • 好きな柄の折り紙や画用紙

作り方

①牛乳パックを横からカットします。

②可能であれば柄が内側になるようにひっくり返しておく。(折り紙等を巻きつける際に柄が透けてしまうので

③好きな色や柄の折り紙をのりやセロテープで巻きつけて輪っかの完成です☆

次に輪なげの棒の部分を作っていきます。

スポンサーリンク

①牛乳パックを縦にカットします。

②2本使って細長い三角になるようにテープでとめます。

③好きな色の折り紙や画用紙を巻きつけて完成☆(※先に画用紙を巻いてから三角にした方がやりやすかったです)

あとは、段ボールや厚紙に好きな色の紙を貼って土台を作り、棒をテープで貼って完成です☆

まとめ

スポンサーリンク

牛乳パックで簡単に作れる輪投げをご紹介しました!

カットした牛乳パックに可愛い柄の折り紙を貼るのがポイントですよ!

明るくてポップな柄がおすすめ☆

ぜひ夏休みの工作の参考にしてくださいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。