kodomoto.

豊平川花火大会 2019 混雑を避けて行くならこの駅が絶対おすすめ!!!

calendar

reload

豊平川花火大会 2019 混雑を避けて行くならこの駅が絶対おすすめ!!!

札幌の夏の一大イベント、豊平川花火大会が今年も開催されます!

しかし間近で花火が見たいけど、会場につくまでが大混雑で大変なんですよね・・・。

それが嫌であきらめてしまう人もいるはず・・・。

でもちょっと待ってください!

地下鉄降りてからもこんなにスムーズに会場まで行けちゃうの?という穴場な行き方があるんです!

そこで今回は、

豊平川花火大会に地下鉄で行く場合の、大混雑に巻き込まれずに会場まで行けるおすすめの行き方をご紹介します!

スポンサーリンク

豊平川花火大会2019の日程や時間

3部構成で約4,000発を打ち上げる札幌で唯一の豊平川花火大会。

まずは日程と開始時間を確認しておきましょう!

豊平川花火大会は、毎年7月最後の金曜日に開催されます。

■開催予定日
2019726日(金)

■打上時間
19402030

豊平川花火大会の打ち上げ場所は?

豊平川花火大会の打ち上げ場所は

豊平川南大橋から幌平橋の間です。

(札幌市中央区南13条西1丁目付近)

豊平川花火大会の混雑しない行き方は?

では今回の記事の重要ポイント、豊平川花火大会への混雑しない行き方についてご説明します!

まず、よく紹介されている定番の行き方が、

市営地下鉄南北線の

「幌平橋駅」「中島公園駅」から徒歩5

確かにこの二つの駅は、打ち上げ場所から近くて歩く距離は短いのですが、

まぁぁ~混む。

やはり打上場所から一番近いのでこの二つの駅に集中してしまうのですよね。

そこで私がおすすめする混雑に巻き込まれずに会場まで行く方法は、

「地下鉄東西線バスセンター前で降りてさっさと河川敷に入る!!」です。

地図上で見ると3つの駅の位置はこんな感じ。

「バスセンター前」は「中島公園駅」「幌平橋」に比べると、打上場所からの距離はありますが、

河川敷に入ってしまえば大丈夫!花火見えます!

地下鉄「バスセンター前」から豊平川河川敷までの行き方

「バスセンター前」10番出口から出ると、河川敷までの距離は400m~500m程度で徒歩5~6分です。

①「バスセンター前」10番出口から図のように進んでください。

②河川敷に下りるには写真のように柵があるので、ササッと飛び越えるか、

③少し左に行くと階段があるのでここから河川敷へ下ります。

ここからでも花火は十分見えますが、せっかくだからもう少し近くで見たい!
と思ったら、この河川敷をまっすぐ進んでください。

向かっている途中で打上が開始されても、進みながら花火が見られますよ!
(といっても場所によっては、花火が木々や橋に隠れて見えない場所もあります。)

豊平川花火大会 2019の混雑しない行き方のまとめ

豊平川花火大会の混雑に巻き込まれずに行く方法をご紹介しました!

少し歩きますが、大混雑は避けたいと思っている方はぜひこの方法で豊平川花火大会の会場へ行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。